2017_01
10
(Tue)11:38

投稿から



地元新聞に大晦日の紅白で歌われた、きよし君のことが投稿されていました・

         
         氷川きよしさんの歌唱 復興への希望

大晦日は久々に「紅白歌合戦」を見た。
目的は氷川きよしさんを見るためである。

年末に熊本にいる母から氷川さんが熊本城をバックに歌うという話を聞き、
どうしても見なければという気持ちにかられたからだ。

昨年の熊本地震・
○○に住む自分にとってはまさに青天の霹靂であった。

東日本大震災を○○で経験している身としては
「まさか・・故郷の熊本までが・・」と驚きを隠せなかった。

幸い実家は特に大きな被災に遭わずに安心したが、友人、知人の安否に日々を送ったのも事実だ。

だが、ニュースで熊本のシンボルであり、子供の時から親しんだ熊本城の悲惨な状況には胸に
痛みを感じた。

その熊本城で氷川きよしさんが彼の代表曲である「白雲の城」を年末に歌う。
・・・・・・・・・・
金色に輝く熊本城のなかでの氷川きよしさんの歌唱は
熱唱と呼ぶにふさわしい見事なものだった。

彼の歌声は熊本復興への希望の響きに感じられ、
熊本城をまぶしい光で包んだ演出は熊本県人の明るい希望の光を表現しているかのようで
感慨深く、目頭を熱くせずにはいられなかった。



投稿された☆☆さん
ありがとうございました。
私が思っていること感じたことを投稿されてくださいました・
熊本県人の一員として心から御礼申し上げます・
その余韻は消えることなく心の中で息づいています・

この記事を勝手に書かせてもらいました。
皆さんには読んでもらいたかった私をお許しくださいませ・




スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/11 (Wed) 10:27 | # | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント