婦人公論

02/25


今日、書店に行ってきました・

やっと”婦人公論”を手にいれ我が家に。

急いできよし君のコーナーを開けました・

読んでいると文字の一つ一つが心の中に熱く入ってきました・
今年は30代最後の歳になり、
そんなきよし君らしい言葉が3ページに書かれていました・

そんなに、こんなに・・・
と思うほど感動しました・

これからもきよし君に幸せあれ!と思った瞬間でもありました・
大切にしたいお方です・
氷川きよしさんは・・・

これから抜粋したのを書きますが・・・
今回はぜひとも手の元に置かれて欲しい一冊だと思いました・

ほんの一部です。

 年末年始 は

今年は年末から両親を東京に呼んだこと。
いずれは一緒に暮らしたいけど、元旦の翌日には福岡に帰りたいと。
慣れ親しんだ福岡がいいんでしょうと(笑)の文字がありました。

若い頃は負けん気が強かった。
40歳を前に性格がまったりしている自分にきずき、努力を怠らす成長し続けないとと思ったそうです。


 僕がぬくもりを感じる時

演歌を歌って年配の方に喜んでもらいたいのは家庭環境が影響しているかと。
小3の時、僕をかわいがってくれた祖母が短命で亡くなったのが悔しかった。

だから血がつながっていないおじいちゃん、おばあちゃんを自分の祖父母と重ねている。
甘えたくなるというが、ぬくもりを感じる。
故郷を思う歌は気持ちが入りすぎて涙ぐむ。

お客さまはそんな僕を心配して歌の世界にはいっていけなくなる。そんなこともだんだんわかってきた。
・・・・・・

  この仕事をしていなかったら

植物研究家になりたかったくらい植物が好き。
おじいちゃんが植木職人でしたので形見の剪定鋏を使ってパチパチやっているそうです



                  過去を反省することは大事ですが、過去には戻れない。
                  この先どう自分が成長するかのほうが大切です
                         20160225195455.jpg




スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ライラックス         

Author:ライラックス         
きよし君を愛する元乙女です。
みなさんとご一緒に応援できたら嬉しいです!

非望、中傷、不適切な発言は私〈管理人)が断わりなく削除させて頂きます!


☆2013・2月14日 1028S


きよし君ラブの日

きよし君にメッセージ♪
今月の花
年別アーカイブ一覧
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
文字を大きく・小さく
    フリーエリア
    最新トラックバック
    カテゴリ
    FC2カウンター
    リンク
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム
    QRコード
    QRコード