プロフィール

ライラックス         

Author:ライラックス         
きよし君を愛する元乙女です。
みなさんとご一緒に応援できたら嬉しいです!

非望、中傷、不適切な発言は私〈管理人)が断わりなく削除させて頂きます!


☆2013・2月14日 1028S


きよし君ラブの日

7/19
【会場】川口総合文化センター リリア

埼玉県
昼の部 14:00
夜の部 18:00

7/21
【会場】オーバード・ホール

富山県
【昼の部】12:00
【夜の部】16:00

7/22
「ジャンプビクトリーカーニバル」
東京:幕張メッセ 展示ホール1・2

応募招待制、詳しくはこちらを☆ 応募招待制ご覧ください。
東京都 出演時間未定

7/29
「ジャンプビクトリーカーニバル」
大阪:インテックス大阪 4号館・5号館

応募招待制、詳しくはこちらを☆ 応募招待制ご覧ください。
大阪府 出演時間未定

7/31
【会場】長崎ブリックホール
長崎県
【昼の部】14:00
【夜の部】18:00

きよし君にメッセージ♪

今月の花

年別アーカイブ一覧

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

文字を大きく・小さく

    フリーエリア

    最新トラックバック

    カテゴリ

    FC2カウンター

    フリーエリア

    リンク

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード

    第四章




    ふれあいコーナーは二人とも女性の方。

    一人目は徳島から来ているという方。
    きよし君、隣の方を見て、お友達?息子さんじゃなくて?と、聞いていました。
    私からは良く見えなかったけれど、年が離れてたのかな?
    その方はきよ友さんで、ずっと一緒に回っていますと。

    きよし君年を聞くのに、おいくら?と聞いてしまい、
    西さんに、おいくらっ?て聞いて、250円です、って答えられても、ビックリするでしょ!と、突っ込まれてました。

    その方は今回の哀愁の湖のアレンジを聴き、その素晴らしさに鳥肌が立ちました。
    引き出しの多いきよし君にこれからも期待しています、とのメッセージでした。

    きよし君、シャンソンみたいなのがいいんですか?と聞くと、
    その方は、きよし君に歌っていただいたら何でもいいんですと、皆の気持ちを代弁してくれてました。

    きよし君、哀愁の湖について、この歌は当時そんなにたくさんの方には知られてなくて、、
    勿論、ファンの皆さんには応援してもらったんですが、
    一般にはあまり知られてなくて、このまま、ほったらかしておくのも可哀想だと思い、
    大事な人が亡くなっている歌なので、又こうして蘇らせたんです。
    バンドの人にも無理言って、アレンジしてもらって。


    きよし君の持ち歌にかける愛情、熱意が伝わってきました。
    又北島先生みたいな歌い手になりたいんです!と、力強く言ってました。
    その時正座を綺麗にしていたので、
    前の方のお客さん、初めてみたのか、何か言ったようで、きよし君笑って、頭を下げていました。

    で、その方に、今日はわざわざありがとうございました
    。ご家族のみなさんは?と、聞くと、
    ご主人はなくなったとの事で、亡くなってからきよし君のファンになったと話していました。
    そのきよ友さんとは大親友になったと言われ、きよし君も嬉しそうでした。
    ⚪️⚪️さんの人生の中でアレしていただいて、、、仲良くされて下さいね。
    僕も皆さんがそうやって、仲良くなんだかんだとして下さるのが、本当に嬉しいんです、と言ってました。

    もう一人の方は
    松山から参加の方で、

    きよし君があっ、おととし、じゃなくて、おととい、、
    西さん、先おとといです!

    松山コンにもおいでて下さったんですね?じゃあ、高知にも。
    いえ、高知はちょっと行ってないです。
    その前の徳島の方も松山には行ったけど、高知は、って言っていたから、

    西さん、高知はちょっと、って方が多いですね、交通の便がね、と。
    すみません、不便な所で、と私。

    又、きよし君、松山にも来ていたと聞いて、どっかで見たことあると思ってました。と、
    西さん、松山からだったら、ツアートラックに乗ってくれば良かったのにと、言ってました。

    この方、今田んぼと畑がとても忙しいんですが、主人が心良く行ってこいと言ってくれたので、今日こうして来れました、と。

    何を作っておられるんですか?と、きよし君。
    野菜と米を作っていると。

    ここでも、きよし君、ヤマトコンバイン?
    西さん、ヤンマーコンバインでしょ!

    愛媛のお米は美味しいんですよね。と、きよし君がいうと、送りますと、その方、西さんがいえいえそんな、と遠慮すると、
    きよし君、いただける物は何でもいただきます、と。

    その方はお父様お母様両方の介護を苦労しながらしている時、
    きよし君のズンドコ節に励まされたと、泣きながら言われてました。

    きよし君、頑張られましたね。どうか泣いて下さい。
    泣く事はストレス発散しますから。と、優しい言葉をかけてあげていました。

    その方は、きよし君の歌を聴くと心がスーッとすると。
    きよし君、その方に、純粋な方なんですね。何もしゃべらなくても、わかりますよ。

    で、きよしのズンドコ節を一緒に歌ってました。
    すごく、その方が感激して、お礼を言っていると、
    いいんですよ、お米を送っていただいたら、1kgでもいいですから、と、笑いを誘っていました。

    最後にその方に、これからもお元気で、ずっと笑顔で、大丈夫ですからアレして、
    明日に向かって、頑張って、頑張って生き抜いて下さい!と、力強いメッセージを送っていました。

    当たった方、色紙と共に、一生忘れられない思い出になった事でしょうね。


    ふれあいコーナーの終わりに、左前の方を見て、綺麗なお嬢さんが二人いらっしゃって、と、声をかけていました。
    おとなりがお母さんと聞いてビックリ!おかあちゃん、綺麗!と。又
    娘さんはおいくつですか?とたずね、23歳だと聞き、一言、可愛い🌸と。

    高松夜の部ではきよしコールも起こり、
    きよし君の、🎵みーなーさん!みーなーさん!も聞く事ができました。
    最後のズンドコ節を聴きながら、ああ、これで、四国ツアーも終わり、と、寂しい気持ちで一杯でした。

    今回の四国ツアーに参加してしみじみ思った事、やはり、地元コンはいいなあ!と。前の席はいいなあ!との二つです。
    どこのコンサートに行っても、帰り皆さんが、良かったねー!と、口々に言い合って、幸せ一杯の笑顔でした。きよし君!たくさんの幸せをありがとう!心からそう思った四国ツアーでした。



    第五章に続きます!



    スポンサーサイト

    << 第五章・・・激愛章 | ホーム | 第三章 >>


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

     ホーム