プロフィール

ライラックス         

Author:ライラックス         
きよし君を愛する元乙女です。
みなさんとご一緒に応援できたら嬉しいです!

非望、中傷、不適切な発言は私〈管理人)が断わりなく削除させて頂きます!


☆2013・2月14日 1028S


きよし君ラブの日

8/08
【会場】上野学園ホール

広島県
【昼の部】13:00
【夜の部】17:00

8/10
【会場】宇治市文化センター
京都府
【昼の部】13:00
【夜の部】17:00

8/23
【会場】大阪府 新歌舞伎座
【昼の部】
開場13:00/開演14:00
【夜の部】
開場17:15/開演18:00
新歌舞伎座 06-7730-2222(10:00~18:00)

8/25
神宮球場で行われるプロ野球公式戦にて始球式&「東京音頭」歌唱決定!!

会場:明治神宮野球場(神宮球場)

東京都 18:00試合開始 明治神宮野球場

8/27
【会場】アイプラザ豊橋
愛知県
【昼の部】14:00
【夜の部】18:00

8/30
【会場】習志野文化ホール

・習志野文化ホール(窓口のみ) 047-479-1212
千葉県
【昼の部】14:30
【夜の部】18:30

きよし君にメッセージ♪

今月の花

年別アーカイブ一覧

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

文字を大きく・小さく

    フリーエリア

    最新トラックバック

    カテゴリ

    FC2カウンター

    フリーエリア

    リンク

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード

    頑張ったきよし君




    20170806101308_convert_20170806152653.jpg


    こんばんは・氷川きよしです。僕は今年40歳になります。
    この歳になって改めて思うのは、本当に歌は人生を支えてくれると言うことです。

    先が見えなかった10代 なりふり構わず頑張った20代 そして少しずつ自分の進むべき道が見えてきた30代。
    その時々の自分を歌は支えてくれました。
    今夜はそんな歌の持つ力をご一緒していただく先輩のみなさまとともにお届けします。
    それでは参りましょう~

    第49回思い出のメロディー!

    きよし君の力強いしっかりした口調でスタートしました。

    20170806101510_convert_20170806152735.jpg
    20170806101620_convert_20170806152814.jpg
    20170806102035_convert_20170806152847.jpg

    10代、20代、30代と時は流れ・・



    浅丘さん、菅原都々子さん 歌われた後
    お二人とも、きよし君の温かい心にふれ合われ手を握りしめられました。
    きよし君に感謝されていました。

    自然と出るこの光景はきよし君の心にある,人の心情を察した行動 [誠実さ!]


    全国のみなさまも、きっと熱いものを感じられたと思います。
    氷川きよしはこんな素晴らしいお方なんですよ!


    20170806110038_convert_20170806152924.jpg


    一本の鉛筆

    を歌われるきよし君・ 全身全霊で歌われるその歌唱に感動で涙が出ました。
    ”氷川きよし”は凄い!ファンだけでなく
    茶の間、観覧された皆様もおもわれた事でしょう。



    20170806111503_convert_20170806152954.jpg


    番組も終わりになりました・

    今夜、みなさんの歌を聞かせていただいて、昭和の歌ってやっぱり凄いと改めて思いました。
    大スターの先輩方が今もなお輝き続けてその隣には必ず素晴らしい歌があって、
    それを聞いたみなさんもきっと元気や勇気をもらっているのではないでしょうか。

    今年僕も40歳。
    これからもみなさまの人生を支える歌を夢を込め祈りを込め、
    時には涙を添えて歌っていきたいと思います。どうかよろしくお願いいたします


    オープニングの挨拶、そして終わりの挨拶。 素晴らしかったですね!

    長時間お疲れ様でした。
    私もずっと、きよし君の司会ぶりを見ながら応援していました。たくさんの感動ある「思い出のメロディー」でした。




    スポンサーサイト

    | ホーム |


     ホーム  » 次のページ